sotokoi

外国人との色々な恋の物語

英会話

フランス語と英語を学べる学校「アテネ・フランセ」の感想・評判・口コミ

更新日:

私は外資系のOL時代に「アテネ・フランセ」に通ってたことがあります。

当時は駅前のビルにいろいろな英会話学校が乱立してましたが、アテネ・フランセは名前がオシャレだったのと、昔から英会話学校として知られる100年以上の歴史がある学校です。

 

外資系に勤めてたので、学生や初心者に混じってレッスンを受けるのは恥ずかしく、それなりに権威のなる英会話学校に通いたかったのが、アテネ・フランセを選んだ一番の理由です。

授業料が格安で、生徒同士が仲良くなれる

アテネ・フランセで良かった点は、他の英会話スクールよりも授業料が安く、短期間なので支払いがしやすかったことです。

 

選んだのは3ヵ月コースで、ほかの英会話学校みたいに何十万円も支払わずに済みました。

授業内容は「テストが多かったな」という印象。

 

あとは1クラスの人数が多く、毎回グループディスカッションをしてたので、同じクラスの人とは自然と顔見知りになりました。

レッスン中は生徒同士も日本語禁止で、身ぶり手ぶりで何とか伝えようとして笑いが起きることも。

するとお互い仲良くなり、自然と連帯感も生まれます。まるで学生時代に戻ったようで、居心地がよかったです。

ほかの英会話スクールとは一味も二味も違う

生徒の人数が多いことは、言い換えれば講師としゃべる機会が少ない、というデメリットがあります。

人前で自分の意見を英語で話すいい練習になりました。

分からないことは手を挙げて講師にどうにか質問することで、英会話力がアップしていったと感じます。

英会話学校は「リスニング」を大切にしよう

いま英会話学校を探してる人は、まず「リスニング」を重要視するといいでしょう。

相手が何を言ってるかわかれば、答えはまず日本語で頭に浮かんできます。

そのときに相手に「待った」をかけて時間稼ぎをすれば、とりあえず英語は理解できてるアピールができます。

あとはそこから頑張って言いたいことを伝える努力をするのみです。

 

というのも、相手の言ってることが分からなければ会話にならないので、どうしても会話のキャッチボールができません。

すると英語を話す量は減るいっぽうで英語力が伸びるはずもないです。

 

英語はあくまでもコミュニケーションのツールのひとつ。

いっぽう的に話してもダメだし、聞くことだけでもダメです。

 

ただし英語力を伸ばすために必要なのは会話量で、つまり聞く量と話す量を増やすことなので、その機会を増やすためにも積極的に会話に参加していくこと!

遠慮してばかりだともったいないですよ。

-英会話

Copyright© sotokoi , 2019 All Rights Reserved.