sotokoi

外国人との色々な恋の物語

英会話

アメリカ英数学院で英会話を学習した感想・評判・口コミ

更新日:

中学校の頃から英語が好きになれず苦手で、まったくと言っていいほど勉強してきませんでした。進学校と言われる高校に通ったものの、英語のテストは平均点以下が当たり前の状態。

 

その後ファッションに興味があり専門学校に通い、すこしずつ興味が世界に向き、海外に飛びまわる仕事を目指すようになっていきました。

が、そのためには苦手な英語を克服する必要があったため、アメリカ英数学院に通いだしたんです。

 

アメリカ英数学院は、日本語をほとんど話せない外国人の先生とのマンツーマン授業で、たくさん英語を話せるのを魅力に感じました。

文法を学ぶよりも綺麗な発音と会話力がほしかったこともあり、この教室を選んだんです。

日本とは違う、会話重視の英語の授業

基本的に授業はテキストに沿って進みますが、いい意味で脱線すること多々ありました。

日本の授業では先生があるていど授業の流れを決めるのとは対照的に、この英会話スクールは自由スタイルで、テキストから脱線してプライベートな会話や政治の話などするため、実戦での英会話さながらです。

 

当然すべて英語で、しかもテキストに載ってない内容なので、自分の頭でその場で考えて話さないといけません。

あまり日本語がわからない先生だったことから、伝えたいことがあるとき、知りたいことがあるときは、がんばって英語を使うしかない状況。

この英語を話さざる得ない環境は英会話の学習にすごく効果的でしたね。

 

それとアメリカでの生活や文化の違いなど、興味深いこともたくさん教えてくれ、いつも楽しみに聞いてました。

そうやった楽しみながら勉強したのが功を奏したのか、リスニング力が徐々に鍛えられたのも感じましたよ。

 

あと、私は小学校の頃から海外旅行に行く機会はあったものの、全くわからないし苦手意識もあったため、旅行中は人任せでついていくだけでした。

が、英会話を習ってからの海外旅行では、今までわからなかった英語を理解できるのが嬉しくて、レストランや買い物で、現地の人たちと積極的に話すようになりました。

まわりからも驚かれるほどの、大きな変化です。

異なる文化に触れるだけで、世界は広がる

私は英語が嫌いだったので、机に向かって単語を覚えるのが苦痛でした。

「ここまで英語が嫌いな人って日本にいないんじゃないかな?」と、よく考えるほどだったんです。

 

それがアメリカ英数学院に通うことで異なる文化・価値観にふれ、ここまで色々なものを吸収できる英語ってツールはすごいな〜、と気づきました。

もっと勉強すればもっといろんな文化に出会える!流暢とはいかなくても、それなりに英語を話せるだけで、世界は広がっていくんだ!

 

そうした実感を持てたのは、これから世界に飛び立つために頑張るモチベーションアップにすごく役立ちましたね。

-英会話

Copyright© sotokoi , 2019 All Rights Reserved.