sotokoi

外国人との色々な恋の物語

その他 留学 英会話 英語勉強法

イギリス英語とアメリカ英語で単語の意味がちがう!通った英会話学校はオーストラリア訛りが強い先生で四苦八苦

更新日:

英会話教室は教えてくれる先生次第で、身につく英語の発音や表現方法が変わってきます。

とくにイギリス英語とアメリカ英語の違いは強烈で、そこにオーストラリア特有のなまりが加わったできごとがあるので紹介します。

私の英語はオーストラリアなまり

都会だと外国人がたくさんいるので色んな先生が選べるんでしょうが、私の地元は地方なので来日してる外国人がすくなく、選択肢が限られてました。

 

とはいえ、幸いにも出会った先生はとても楽しい方で、教え方も丁寧かつユニーク。ジョーク交じりの日常会話を英語で聞けたのはお得な気分でした。

 

小学生の時に公文教室の夏休み企画でオーストラリアのブリスベンにホームステイに行ったのが初めての海外旅行だったんですが、そこが先生の故郷だったことから話が弾み、とても楽しいレッスン。

 

会話を優先したので文法は二の次として、日常会話に問題のない単語力は身につきましたね。

そして、たどたどしくはあるものの先生とも会話が成り立ち、コミュニケーションには問題がなくなったころ、友人と一緒にシンガポール旅行を計画しました。

 

ここで、冒頭ことに気がついたのです。

強烈なオーストラリア訛りで英語が通じない

最初のできごとはシンガポールの玄関口であるチャンギ空港でのこと。

両替して空港内の売店を覗いてたとき、接客してくれた店員さんと話してると、たびたび聞き直されることがあったんです。

 

いわゆるジャパニーズイングリッシュで聞き取れないのかと思い、英単語のスペルを伝えれば会話は問題なかったんですが、その後の観光先で出会ったアメリカ人旅行者のおかげで原因が分かりました。

 

教わった英語の先生が生まれ育ったオーストラリアは、英語が公用語の移民国家です。

で、オージーなまりと言われるほど英語の発音に独特のクセがあります。

 

私がオーストラリアに行ったのはドッグやキャットぐらいしか分からない小学生の時なので、なまりどころか英語自体が理解できない年頃でした。

それと田舎の学校では外国人の英語教師は望むべくもなく、英会話の先生がほとんど初めて接した外国人だったので、英語のなまりがあるとは全く思ってもみなかったんです。

 

まさかシンガポールでアメリカ人にカルチャーショックを与えるとは思いませんでしたが、謎が解けたようなスッキリ感があり、なんだか国際交流ができたような気分になって、変な感動に浸ったのを覚えています。

 

まあ、その第二波が夕方にくるのですが…。

イギリス英語とアメリカ英語の違いで、しばらく待ちぼうけ

約束時間で待ってる人

なんだかんだで仲良くなったそのアメリカ人と夕飯を食べる約束をし、待ち合わせ時間と場所を決めて解散しました。

アジア人が童顔に見えるようで、彼は子供に言い聞かせるように、「ここのファーストフロアだからね」と念を押して去って行きました。

 

「待たせてはいけない」と早目に集合場所に着いた私たちですが、時間になっても彼が現れることはなく、30分以上が経過。ただぞの場を離れるのも不安で、友人と交代で近くを探しました。

 

ようやくやって来た彼は、迷子を探しまわってた様子で私たちをみつけると、「やっぱりここにいたのか」と屈託なく笑います。

不安の中で待たされていたのに迷子扱いされるわ、笑われるわで、私たちの顔は引きつってたはずです。

 

笑いが落ちついた彼から、「ファーストフロアは下だよ」と言われ、3秒ほどしてから「あっ!」と声をあげてすれ違った理由を理解しました。

 

私が知らず知らずに馴染んでたのはオーストラリアの英語で、オーストラリアは昔はイギリスの植民地だったので英語はイギリス英語なんです。

ただアメリカ人が使うのはアメリカ英語なので、意味がまったく違う英単語があるのに気付きました。

 

イギリス英語では一階は「グランドフロア」と言い、「ファーストフロア」は二階を指します。きちんと学校で勉強してれば知ってる当たり前のことですが、私の脳みそには残ってませんでした。

 

結局わたしたちは二階で、彼は一階でそれぞれお互いを待ってて、私のおまぬけっぷりから、推理力を働かせた彼のおかげで再会することができました。

たった一日で大きな衝撃を二度も受けた気分でした。

先生の出身地で、発音だけじゃなく意味さえも変わる

帰国後に早速その体験を先生に報告すると、先生も母国語が当たり前すぎてイギリス英語とアメリカ英語の違いは盲点だったらしく、これからの授業で役立てると言ってました。

 

英会話教室といっても先生が母国語なのか否か、 その国の英語の訛り、イギリス英語とアメリカ英語の違いを頭の隅っこに入れておくと、英語の勉強がもっと楽しくなるはずです。

世界共通後の英語といえど、場合によっては全く別の言葉のように異なるため、大切な約束のときには注意が必要だと学びました。

 

ちなみにシンガポールで出会ったアメリカ人の彼とは今もFacebookでつながってて、ずっと子供扱いされてます。

悔しいので彼が欲しがってたポケモングッズと一緒に、カラムーチョとカリカリ梅と納豆味のうまい棒を送ったんですが、残念ながら好みにあったようで喜ばれてしまいました。

-その他, 留学, 英会話, 英語勉強法

Copyright© sotokoi , 2019 All Rights Reserved.